節分とは?豆まきって?何を食べる?

 

 

節分 豆まき

 

 

 

 

 

節分とは、どのようなイベントか
ご存知ですか?

 

 

 

毎年何となく行っているけど
意味や詳細を知る機会ってなかなかないですよね。

 

 

 

今回は、豆まきや食べるものなど
節分についてご紹介します♩

 

 

 

 

 

 

節分とは?

 

 

 

節分とは、「季節を分ける」といった意味があり、
大みそかのような日で、江戸時代までは
一年の締めくくりの日とされていました。

 

 

 

 

一年間、健康で幸せに過ごせますようにと願いが
込められているんですよ☆

 

 

 

昔は、年や季節の変わり目には世の中の秩序が変わり、
鬼や魔物が生じるとも考えられていました。

 

 

 

そこで、鬼を追い払って新年を迎える、
「おにやらい」(追儺)という宮廷の行事が発祥だそうです。

 

 

 

 

現代は国立天文台の観測によって
太陽黄経が315度になった瞬間が属する日
立春としています。

 

 

立春に合わせて、節分の日も変わります。

 

 

 

 

2022年の節分は、2月3日です♩

 

 

 

 

 

節分の日にする豆まきって?

豆まきには、

 

・鬼を打ち払う
・豆を投げ与えて恵み、静まってもらう

 

という意味が込められています。

 

 

 

五穀には霊力があって、
まいた場所は清められると言われており、
豆は五穀(米、麦、アワ、キビ、豆)の中では
一番投げつけると痛く、
魔を滅する=マメに通じるため
豆をまくようになったようです。

 

 

 

豆まきには、地域によってやり方が違いますが
よく行われているのは以下の通りです。

 

 

 

豆まきの方法

 

 

豆を用意する

 

まずは煎り豆を用意して、神棚にお供えします。

 

 

神棚がない場合は、南の方角に置いておきましょう。

 

 

 

夜に豆まきを始める

 

鬼は深夜(丑寅の刻)にやってくるといわれているので、
豆まきは夜に行いましょう。

 

 

午後8時~午後10時に家の戸を開けて、豆まきを始めます。

 

 

玄関より各部屋をまわり、
「鬼は外、福は内」と大きな声で2回いいながら、
家の外と内に豆をまきます。

 

 

 

戸締りをする

 

豆まきを終えたら、
鬼を締め出し福を逃がさないようにするため、
すぐに戸締りをすることがポイントです☆

 

 

 

豆を食べる

 

豆まきが終わったら1年の厄除けと、無病息災を願いながら
年齢の数、もしくは年齢より一つ多く豆を食べます。

 

 

 

 

 

 

 

節分の日には何を食べる?

 

豆まきが終わったら、豆を歳の数か
それよりも1つ多く食べます。

 

 

 

豆以外には、恵方巻という巻きずしを食べます。

 

 

 

恵方巻とは、七福神にちなんで7種類の具材を
使用することが特徴の巻きずしです。

 

 

 

食べる際は、巻き込んだ福を逃がさないように、
丸ごと一本を何も話さないようにしながら食べます

 

 

 

その年の吉方となる恵方を向いて恵方巻を食べると、
無病息災や商売繫盛をもたらすとされます。

 

 

 

 

 

西日本地方では鰯は弱い魚と書くため、
食べることで陰の気を消すという意味を込めて
鰯を食べる慣習があります。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

節分の意味を知っていれば
今まで何となく行っていた豆まきも
本気で取り組めそうですね♩

 

 

 

美味しい恵方巻を食べながら
今年も無病息災を願いましょう☆

 

 

 

ぜひ子どもにも伝えながら一緒に楽しく
節分を過ごしてみてください!

最新トレンドの韓国ファッション通販なら【 lulumakani (ルル・マカーニ)】

【 lulumakani (ルル・マカーニ)】

最新のトレンド 韓国ファッションの通販なら【 lulumakani (ルル・マカーニ)】カジュアルだけど可愛らしさ、着飾らない美しさをコンセプトに、いつまでもずっと「おしゃれだね!」って言われるような、最新のトレンドを幅広く詰め込こんだ、韓国ファッションアイテムをお手頃価格でご用意しております!毎週新作アイテム入荷中!

屋号 lulu makani
住所 〒220-0021
神奈川県横浜市西区桜木町6丁目34−1
ハーモニーレジデンス横浜みなとみらい #001-304
営業時間 9:00-19:00
定休日 年中無休
代表者名 福當 楓茉(フクトウ フウマ)
E-mail contact@lulumakani.com

コメントは受け付けていません。

特集