冬の洗濯は外干し派?部屋干し派?乾かない時の対処法は?

 

 

 

 

 

冬の洗濯

 

 

 

 

冬になると悩む洗濯物問題。

 

 

 

洗濯物を乾かす時、
外か中、どちらにしていますか?

 

 

 

冬の外干し、意外と乾いたり、
乾かなかったり…。

 

 

 

なかなかコツって掴めないものです。

 

 

  

今回は、冬の洗濯について
外干し派さんと部屋干し派さんの
洗濯を乾かす時のコツや乾かない時の対処法を
ご紹介していきます♪

 

 

 

 

 

 

 

冬の洗濯の外干し

 

 

 

洗濯気温が低くなる冬は、
たとえ天気が良い日でも
水分が蒸発しにくい状態で
洗濯物が乾きにくい傾向にあります。

 

 

 

この寒い時期に外で洗濯物を干す場合は、
湿度の低い10時~15時の時間帯を狙うのが◎。

 

 

 

冬は、乾くまでにだいたい6時間
必要になることが多いため、
9時ごろから干すと更に乾きやすくなります!

 

 

 

また、15時以降の夕方や夜は
洗濯物が外気の湿気を吸ってしまうため、
せっかく乾いていても洗濯物はしっとりしてしまいます。

 

 

 

15時以降は、忘れずに取り込むようにしましょう。

 

 

 

 

6時間経って、洗濯物がまだ乾いていない時に、
もし晴れているなら、そのまま外で干し続けます。

 

 

 

夕方だったり夜が近いときや、
雨や雪が降りそうな天気であれば、
潔く部屋干しに切り替えことで
しっかりと乾かすことができます。

 

 

 

 

冬に洗濯を外に干して乾いたか確認する時、
取り込んですぐは外気が寒くて冷えているのか、
洗濯物が冷たくなっていて
濡れているかどうか判断しづらくなっています。

 

 

 

たたんでからすぐしまう流れの人が大半だと思われますが、
洗濯物が乾いているかの判断材料は、
厚手のものを両手ではさんで少し温め、
温かくなったところを触り、
湿っていなければ取り込んでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

冬の洗濯の部屋干し

 

 

 

冬は部屋干し派という方が多いと思います。

 

 

 

実際、私も冬は部屋干し派です。

 

 

 

暖房器具の影響で部屋の温度が高くなれば、
洗濯物の水分が、蒸発しやすくなって乾きやすくなります。

 

 

 

しかし同じ部屋干しでも、
暖房なしの部屋は、温度が低く、
水分が蒸発しづらくなって
洗濯物の乾きが遅くなります。

 

 

 

冬に部屋干しをするときの
理想の湿度は45~60%です☆

 

 

 

部屋の湿度を上げすぎるとカビ・ダニや、
生乾きのニオイが残ったりするので
温度管理以外にも湿度管理も重要です。

 

 

 

除湿機で湿気を取り除いたり
エアコンを使用するなど、
暖房器具で乾くまでの時間を
短くすることが出来ます。

 

 

 

冬に洗濯物を室内で乾かすには、
風が通る空間を作ることも大事なので、
サーキュレーターで部屋の空気を動かし、
洗濯物に含まれている水分をとばして乾かしてくれます。

 

 

 

暖房から少し離れた温風の当たるところに、
暖房の風を正面にして
扇風機を首振り設定で置くと、

更に乾くのが速くなります。

 

 

 

冬の洗濯物は最高気温が10℃を
超える日が3日ほど続くと、
外干しする人が増加するようです。

部屋干しをする時の気温の目安として
覚えておくと便利かもしれません☆

 

 

 

 

 

冬の洗濯が乾かない時の対処法

 

 

 

冬は気温が低く洗濯物の水分が蒸発しにくいから
洗濯が乾きにくいのです。

 

 

 

洗濯物に含まれる水分も
気温が高いほど早く蒸発します。

 

 

 

冬場は乾燥していても気温が低いため
洗濯物が乾きにくいのです。

 

 

 

 

洗濯物が乾かない時に
知っていると便利な対処法を
いくつかご紹介していきます♪

 

 

 

 

暖房器具を利用する

 

寒い日には、暖房器具を

使用している家庭がほとんどだと思います。

 

 

もし、エアコンを使っているなら、
その熱風を利用すれば
厚手の洋服も3時間ほどで乾かすことができます。

 

 

わが家も冬には毎日この方法で洗濯を乾かしていて、
本当にあっという間に乾いてしまいます。

 

 

そして、洗濯以外のメリットもあって、
乾燥しがちな部屋の湿度も程よい感じにしてくれます。

 

 

エアコンの前に干すのが一番いいのですが、
干せない場合は、少しでも風が当たるように干しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

ドライヤーを使う

 

この方法は、緊急事態の時に便利な方法です☆

 

 

どうしても必要なのにまだ濡れている時など
今すぐに乾かしたい時にやってみてください。

 

 

 

1.ビニール袋の両角を2cm程切る

 

2.ビニール袋の中に乾かしたい洗濯物を入れる

 

3.ドライヤーの口をビニール袋の中に差し込み、
 袋の口を手で塞ぎます。

 

 

4.服の向きを変えながら約10分で乾燥させる

 

5.完成!!

 

 

 

浴室乾燥に入れる

 

浴室乾燥なら、
約4時間程度で乾燥ができます。

 

 

乾かす範囲が決まっているので
あれもこれもぎゅうぎゅうに入れると、
乾ききるのに時間がかかったり、
半乾きになって臭くなったりという
デメリットもありますが、
量や間隔を調整すれば
天気や時間気にせず干せるので
とても便利なんです☆

 

 

 

 

 

 

干す位置を工夫する

 

 

部屋の湿度は、低いところに集まる性質があります。

 

 

ですので、同じ空間でも
高いところと低いところでは乾き具合が変わってきます。

 

 

乾きやすいものが低い位置で、
乾きにくいものが高い位置・・・
などと工夫しながら干してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

寒い冬は、外干しなら10時~15時の間に干して、
15時以降は洗濯の湿気予防に家の中に入れることを
おすすめします☆

 

 

 

部屋干しは、工夫次第で
いつもより早く乾いたりもしますので、
色々試してみてください☆

 

 

 

外干しと部屋干しの良いとこ取りをしてみるのも
いいかもしれませんね♪

 

 

 

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

 

 

関連情報

最新トレンドの韓国ファッション通販なら【 lulumakani (ルル・マカーニ)】

【 lulumakani (ルル・マカーニ)】

最新のトレンド 韓国ファッションの通販なら【 lulumakani (ルル・マカーニ)】カジュアルだけど可愛らしさ、着飾らない美しさをコンセプトに、いつまでもずっと「おしゃれだね!」って言われるような、最新のトレンドを幅広く詰め込こんだ、韓国ファッションアイテムをお手頃価格でご用意しております!毎週新作アイテム入荷中!

屋号 lulu makani
住所 〒220-0021
神奈川県横浜市西区桜木町6丁目34−1
ハーモニーレジデンス横浜みなとみらい #001-304
営業時間 9:00-19:00
定休日 年中無休
代表者名 福當 楓茉(フクトウ フウマ)
E-mail contact@lulumakani.com

コメントは受け付けていません。

特集

【 lulumakani (ルル・マカーニ)】 最新のトレンド 韓国ファッションの通販なら【 lulumakani (ルル・マカーニ)】カジュアルだけど可愛らしさ、着飾らない美しさをコンセプトに、いつまでもずっと「おしゃれだね!」って言われるような、最新のトレンドを幅広く詰め込こんだ、韓国ファッションアイテムをお手頃価格でご用意しております!毎週新作アイテム入荷中!

9:00-19:00
定休日:年中無休